スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ展示[源氏物語千年紀]:展示内容編

今年は源氏物語千年紀です。
11月1日が「古典の日」として宣言されたことは、ニュースなどでも紹介されましたので、ご存知ではないでしょうか。
約1ヶ月遅れですが、中央図書館では、源氏物語に関係する本をいくつか集めてみました。
最初は、通常の図書だけのつもりでしたが、紫式部日記の絵巻の復刻などがありましたので、一緒に展示することにしました。

源氏千年紀展示

「古典の日」とされた11月1日は、紫式部が仕えた中宮彰子の息子誕生50日目のお祝いの日です。
紫式部日記の中の、酔っ払った藤原公任が「若紫さんはおりませんか」と言ったという話は、古典の授業などで習った覚えがありますが、それがこのお祝いの日の夜のことでした。それに対して紫式部は「源氏のようにすばらしい人がいないのに、若紫がいましょうか」と流したと書かれています。

この日記から、寛弘五年(1008年)の11月1日にはすでに源氏物語が広く読まれていたことがわかり、2008年は源氏物語千年紀、11月1日は古典の日となりました。
今回展示している紫式部絵巻では、まさのその11月1日を描いたものを展示しています。

あわせて中山輔親氏蔵 源氏物語の影印本(写真から復刻したもの)から、若紫と末摘花も展示してます。
若紫では、「雀の子を犬君が逃がしつる。伏籠のうちに籠めたりつるものを」と泣いているところを開いています。有名なシーンなので、くずし字がある程度読める方にお願いして、古典日本文学全集の源氏物語を片手に探し出しました。
  「第三段なんです」
  「けっこう前の方ね。ここに『尼君』ってあるわよ。ここは『幼い』?」
  「ありました!『尼君、「いで、あな幼や』。近いです。もう少し前です」
といった会話を繰り返し、「いぬき」の文字を見つけ出しました。

源氏物語 貴重資料展示

3階閲覧室の入り口にて展示しています。図書は貸出できます。この機会に、古典に親しんでみてはいかがでしょうか。

M*

こちらのサイトを参考にさせていただきました。
渋谷栄一著(C) 源氏物語の世界
http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/
スポンサーサイト

臨時休館のお知らせ

11月30日(日)、中央図書館は
水道管取換工事による断水のため休館します。

11月29日(土)は通常どおり午前10時から午後6時30分まで開館します。

医学分館と経済学部分館は通常どおり開館します。

急な休館でご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

(ゴトウ)

テーマ展示[源氏物語千年紀] : 準備編

今週11/25(火)より中央図書館3階において、
[源氏物語千年紀]と題した展示を始めております。

展示内容の詳細は後に譲るとして、今回は
私が担当した看板・ポスター作成に関するお話を少し。

画像加工ソフトをまともに扱えない私は、作成を引き受けたものの
さてどうしたものかと思案しておりました。
そこで帰宅途中寄った市立図書館のPOPのつくりを観察し、参考にさせていただきました。

看板については、源氏といえば紫!
でも地味にはしたくない!という思いから、
金を使えば何とかなるだろうと試行錯誤し、完成した看板です。

源氏物語展示看板

のりやハサミで切ったり貼ったりを繰り返していると、
子ども会のお母さんのような気持ちになりました。
これで近い将来の予習はバッチリか!?と、ちょっと妄想。

源氏物語展示ポスター
(ポスター写真)

ポスターは、薄いピンクの布を土台にすることを決めていたので、
それと合う色をあーでもないこーでもないと考え、
最後に千代紙の矢絣柄をべったり貼り付けました。

このように、今回はかなり手づくり感満載でお送りいたしております。
少しでも皆さんの目に留まって、手にとっていただけたらと思います。

H

今週末は長大祭

急に寒くなってきましたね。冬になってきたなと感じます。

明日から3日間は学祭、長大祭ですね。

長大祭看板
(車用の看板が邪魔してます)

今年の看板は少し夜っぽく、新しく敷石張りになった正門から真正面にかわいいきりんが見えて、通るのも楽しいです。
正門の横の留学生センターでは、今年もイルミネーションを点すそうです。長大祭初日、11月21日(金)17時半から点灯するそうですよ。
先日すでに灯りがついていて驚きましたが、テストをしていたようです。一足先にきれいな景色を見ました。

さて、学祭中の図書館の開館時間をお知らせします。

中央図書館・医学分館はいつもどおり開館しています。
金曜日は夜22時まで、土日も10時から18時半まで開館しています。
中央図書館ではステージの音が聞こえてきますが、普段とは違った環境で演奏を楽しみながら勉強できますよ。
学祭の合間の休憩に、図書館内のソファでくつろいだりするのもいいのではないでしょうか。

経済学部分館は、21日金曜日は17時まで、22日と23日はお休みさせていただきますのでご注意ください。

24日祝日は、3館とも10時から18時半まで開いています。

M*

図書館の職員はこんな勉強会もやっています!

今日は、図書館の職員はこんなこともしています!ということをご紹介します。
先週、「九州地区医学図書館職員セミナー」なるものが
医学部内のポンペ会館で開催されました。

これは、九州内の医学系の大学図書館職員が集まって行う、勉強会のようなものです。
毎年それぞれの大学が持ち回りで企画を担当しているんですが、
今年は長崎大学が当番でした。
   
セミナーは、活水女子大学教授(長崎大学名誉教授)の
相川忠臣先生の講演からスタートしました。
  
「医学は長崎から」

ご存知のとおり、日本の近代西洋医学は長崎から始まったわけですが、
その西洋医学が、どのようにして長崎に伝わったのかを知ってもらいたい!
ということで、近代医学の歴史にお詳しい相川先生に
「出島の外科医と近代医学の誕生」という題でお話をしてもらいました。
   
あの有名なシーボルトの話から長崎大学医学部を創ったポンペの話まで、
盛りだくさんな内容に、みなさん熱心に聞き入っていました。

aikawa.jpg

そのあとは、各大学が行っている図書館利用ガイダンスや
文献検索の授業について報告したり、討論したりしました。
   
最後は参加者のみなさんを貴重図書室にご案内~♪
このお宝紹介がいつも一番人気です。

kityou.jpg

※みなさんが釘付けになっているのは、医学分館一番のお宝「日本最古の解剖紙製模型」です。

AYA

選書ツアーに行ってきました2

11月12日(水)の朝、購入した選書ツアーの本を中央図書館に並べました。
実は参加してくれた学生さんから
「本を並べる時は連絡してください。借りに行きます!!」と
言われていました。
「連絡したけどさすがに朝一には来ないだろうな。」と思っていたけど
開館するとすぐ、その学生さんが借りにきてくれたのでびっくりしました。
その後、他の選書ツアーの本もどんどん借りられていったので
かなり嬉しかったです。

今、企画コーナーには選書ツアーで選ばれた本(91冊)全ての表紙を見せて
展示することができず
下の棚に並べている本も多数あります。
今回、文庫・新書が多いので下の棚に置くとちょっと目立たないですが
スペースに空きができたらどんどん展示していきます。

ぜひ中央図書館2階展示コーナーをみにきてください。

(ゴトウ)

選書展示風景

講習会は大盛況(SCOPUS利用講習会)

火曜日に中央図書館のメディアルームにて、SCOPUS利用講習会が開かれました。
その名も『これから論文を書く人のために~情報収集から投稿まで~SCOPUS利用講習会』

SCOPUS(すこーぱす)というのは、論文の引用状態もわかる文献データベースです。学内のパソコンからなら誰でも使えますので、試しに使ってみてください。
図書館ホームページ  図書館ホームページの右にある
このロゴからアクセス!!(学内限定)
スコーパスロゴ
データベースを作成しているエルゼビア・ジャパンから講師の方に来ていただいての講習会でした。

様子を覗きに行ったところ、あまりの盛況さに驚きました。こちらが想像していた以上に興味を持って参加していただき、ありがとうございました。
先生や院生のみなさんが多いだろうなと思っていましたが、学生のみなさんの参加も多かったです。

と、同時に、事前の案内には、「申し込み・問い合せ先」と書いていましたが、申し込みが必要だとは思ってなかった方が何人もいらっしゃって申し訳なかったです。すいませんでした…。でも、「必ず申し込みを」って書くと、ハードルが高く感じるかと…。
次回は、大幅に席の余分を用意しておきます。
幸い、実習までにはパソコン席を用意できましたので、ほっとしました。
ちょっと驚いたのは、講習会参加者以外でメディアルームを利用している学生さんたちが、予想以上に騒がしかったことです。ついついおしゃべりの声が大きくなりがちですが、まわりの人にも気遣いをお願いしますね。

講習会はとても好評でうれしかったです。「またコレやりますか?」ともたびたび質問していただきました。
次回、次回と言っていますが、実は次回の予定は今のところありません。すいません!!1年に1回くらいは開催すると思いますが、次回はいつでしょう…?
代わりに、当日、足りなくなってしまった資料を今、送ってもらっています。届いたら、カウンターの近くにおいて、興味のある方に持っていってもらおうと思います。
興味をもたれた方はぜひ資料をご覧ください。演習手順も載っていて、資料だけでも価値がありますよ。
届いたらまたブログでお知らせします。

講習会ポスター
こんなポスターでした

M*

選書ツアーに行ってきました

10月30日の記事で募集していた選書ツアーに行ってきました。

午前は2人、午後は5人の計7人で生協2階にある書籍部に行ってきました。
いろいろな学部から参加者が集まり、学年も院生とか4年生とか高学年の人が多く、
各人の選んだ内容も専門的なものがかなりありました。

とはいえ、ベストセラーの本とか就職本、新書の面白そうな本とか
僕自身がまっさきに借りたいと思うような本も多かったです。

今回買った本は近いうちに中央図書館2階企画コーナーに置く予定です。
今、第2回選書ツアーで買った本を置いている部分を入れ替えることになります。
企画コーナーには他にも「ノーベル賞関連コーナー」「教員推薦図書コーナー」があります。

展示したらまたお知らせしますが
図書館に来た時にはチェックしてみてください。

(ゴトウ)

選書ツアー風景

読書週間にはリクエストをどうぞ

皆さん、図書のリクエスト制度ってご存知ですか?
学生の皆さんが図書館に置いて欲しい本の購入希望を出す制度のことです。
いつもは、1年に5冊まで申し込みができます。

ただ、もう5冊頼んでるからこれ以上本をリクエストできない
という人も多くいます。


そこで読書週間中に限り通常のリクエストとは別に3冊の本を申込できるイベントをしています。

秋の夜長にひとつ読書をしてみませんか?
楽しく読むために自分が読みたい本を!
皆に読ませたい自分の愛読書をリクエストで!
初めてリクエストをする人も何回もリクエストしたことがある人も
せっかくのチャンスに読書週間限定リクエストを利用してみてください。

読書週間リクエスト
読書週間…10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)

ゴトウ



ただ今、館内展示中(中央図書館)

皆さん、ご存知ですか?
中央図書館の一角で、テーマ展示が行われていることを・・・。

図書館の書架に並んでいる数多くの図書。
普段は気がついてもらえない、そんな図書を、もっと沢山の人に見てもらいたい!
そんな気持ちで、この夏から職員有志で館内展示を始めました。

記念すべき第1回目(7/28~9/30)のテーマは、ずばり「こんな本もあったんだ ~図書館員オススメの本~」

第1回展示風景
夏らしく、金魚や向日葵を配置してみました。


第2回目の今回は、「秋といえば・・・」をテーマに、2回に分けて展示しています。
前半(10/14~11/3)は「食欲の秋」をテーマに展示。後半(11/4~)は、「読書の秋」をテーマに、おススメの文庫・新書を選んでみました。
かばんにそっと本をひそませて、読書を楽しみませんか?

第2回(後半)展示風景
現在展示中の「読書の秋」

第2回(前半)展示風景
こちらは、前半の「食欲の秋」展示風景

展示場所は、中央図書館の2階、新館への渡り廊下入り口横です。
図書館に入館すると、ちょうど真正面にありますので、是非お立ち寄りください。

S.U.
旧中央図書館写真集♪
改修前の中央図書館の思い出を詰め込んだ中央図書館写真集です♪
syashinsyu.jpg
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
このブログについて

長大としょかん

長大としょかん
ながさきだいがくふぞくとしょかんのブログです。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。