スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休館のお知らせ(医学分館・経済学部分館)

3月も残りわずかとなりました。
医学分館と経済学部分館は、図書の整理のため、下記の通り休館します。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 医学分館     3月31日(火) : 休館
 経済学部分館  3月29日(日)~ 4月3日(金) : 休館


上記期間中も中央図書館は開館しています。どうぞご利用ください。
各館の開館時間については、下記表をご覧ください。

haruyasumical

ちなみに…
医学分館は3月31日の休館日に、図書の整理のほかに
紫外線防止の窓ガラスコーティング作業を行う予定です。

使用する遮熱塗料は無色透明なので、見た目にはなかなかわかりませんが、
この塗料を塗ることで、なんとほぼ100%の紫外線をカットすることができます。
1年で最も紫外線が多い季節は4月~9月と言われていますが、
これで紫外線対策も準備万端です!!

med1.jpg  med3.jpg
(坂本キャンパスの桜も今ちょうど満開でとても綺麗ですよ~♪)

AYA
スポンサーサイト

下村脩先生ノーベル化学賞受賞記念講演会

3月22日、日曜日、ノーベル化学賞を受賞された下村先生が長崎大学に来られ、長崎大学初の名誉博士号称号授与式ノーベル賞受賞記念講演会がありました。
前日の夜は大雨でしたが、幸いにも雨はあがり、正門の桜が七部咲きの当日、構内には下村先生の講演を聴こうとたくさんの人が溢れていました。
片峰学長の挨拶にあった「教職員・学生総勢1万、先生ご夫妻のご来学を指折り数えて待っておりました」という言葉のとおりだったと思います。
当日の様子の動画は、現在、長崎大学のwebサイトからご覧いただけます。

 下村先生、ノーベル化学賞受賞記念講演会の映像
 http://www.nagasaki-u.ac.jp/main/Shimomura.html

これとは別に、講演会の様子は、新聞や新聞社のwebサイトで紹介されています。
朝日新聞と西日本新聞のwebニュースが詳しいです。また、高校生との質疑応答がおもしろかったのですが、ニュースにも取り上げられていました。
飽くなき探求心抱け:朝日新聞 3月23日
ノーベル賞の魂 後輩へ 下村さん 母校長崎大で講演 名誉博士・県民の称号も:西日本新聞 3月23日
ノーベル賞下村さん講演 「探求心、勇気もらった」「努力忘れず挑戦する」 長崎大 聴講の若者たち感激:西日本新聞 3月23日

映像資料を見ると、当日、会場にいたように先生のお話を聞くことができ、先生のお人柄を充分感じることができると思います。50分の講演の36分あたりでは、GFPが明るく光を放つのを見ることもできます。思わず会場から拍手が起こりました。

この講演会映像資料に加え、当日のスライド資料を、後日、リポジトリ NAOSITEにて公開する予定です。
館報105・106号でも紹介していますが、附属図書館では、下村先生が2007年に薬学部で行った講演会の資料や、論文など20編を、電子化して公開しています。

 050 下村脩先生関係資料:NAOSITE
 http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/handle/10069/20866

資料公開の許諾をいただくため、今までアメリカの下村先生と、何度か電子メールのやりとりをしていました。なので、できればぜひ先生に直接お会いしてお礼をいいたいと思っていたところ、幸運にもお時間をとっていただき、先生と間近にお会いして、握手までしてもらいました!!
感激で、今思い出すと恥ずかしいくらい、舞い上がりました。
ニュースなどで見るとおり、非常に背の高い方で、手も大きかったです。
身に余る光栄でした。
下村脩先生
M*

ボードイン・コレクション、国の登録有形文化財に

春分の日を含む先日の連休、長崎大学がたびたびニュースに登場しました。
1つはノーベル化学賞受賞の下村先生の、長崎大学での記念講演です。

もう1つは、図書館が所蔵する古写真、ボードイン・コレクションについて、長崎県では初となる、国の登録有形文化財(美術工芸品・歴史資料)に登録するよう、文化審議会が答申したことです。これにより、6月くらいに登録有形文化財へ登録される予定だそうです。
古写真が歴史的に貴重な資料と評価され、非常に喜ばしいです。また、大切な資料をしっかりと保存・管理し、そして広く公開していく責任を、ますます感じます。

登録有形文化財は以前は建造物が登録されてきましたが、平成16年の文化財保護法の改正により、建造物以外にも拡充することになり、美術工芸品部門ができたようです。
拡充の改正が比較的最近であるためか、まだ9件しか登録がありません。
長崎県には現在、84件の建造物が登録されていますが、美術工芸品としては初登録になる予定です。
また、写真資料が文化財に指定されるようになったのは最近のことで、今まではガラス原板と一緒に文化財とされてきました。今回、登録有形文化財としては初めて紙焼き写真だけで文化財登録されることになりました。
海外交流の歴史を持つ長崎の特色が評価されたのだと、環境科学部の姫野先生がニュースでコメントされていました。

このニュースについては、今なら長崎新聞のwebサイトで、動画を見ることができます。
 ボードイン写真集が国の文化財に 文化審答申、長崎市旧市長公舎も:長崎新聞 3月20日

朝日新聞の長崎地域面では、姫野先生による「長崎今昔」が連載されているため、朝日新聞webサイトに詳しくとりあげていただいています。
 幕末から明治 伝わる息遣い:朝日新聞 3月20日 (1週間で記事が消えてしまったようです。3月26日追記)

その他、西日本新聞のニュースはこちらです。
 「近代」伝える2件に光 「竜馬が見た風景」活写 登録有形文化財に答申:西日本新聞 3月20日

どのwebニュースもしばらくすればwebサイトから閲覧できなくなると思いますが、
新聞のバックナンバーは図書館でご覧いただけます。他の各誌にも掲載されています。

今回、登録有形文化財への登録が決まったボードイン・コレクションは、こちらからお楽しみください。

 ボードイン・コレクション
 http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/bauduins/

ボードイン文化財登録
(記者さんにご披露の様子)

M*

新しいグループ学習室ができました♪(中央図書館)

中央図書館の3階に新しいグループ学習室ができました。
今までのグループ学習室には、冷暖房が入らない、場所が狭いと言った問題がありました。
新しくできたグループ学習室は、中央図書館3階・情報コンセントルームの一角にあり、
冷暖房も入るし、広さも今までの2倍ぐらいで12名ほどのスペースになっています。
さらに部屋の中には大きなホワイトボードと情報コンセントが常備されています。

右奥がグループ学習室です
予備の椅子もあります

グループ学習室を利用する時はカウンターで利用申し込みをしていただくことになります。
1回90分の利用で、他の人の申し込みがなければ続けて利用することができ、
事前の予約は、前日から当日まで受け付けています。

ただし、利用は3名以上の長大生のグループに限ります。

桜の季節になり、グループ学習室の窓からは図書館東側の桜がよく見えます。
窓を開けて暖かい風を受けながらグループ学習なんてどうですか?

ほぼ満開です(3月23日)
桜が見下ろせます(3階から)


皆さんのご利用をお待ちしています。

ゴトウ

館報第105・106合併号,見てください♪

長崎大学附属図書館報-和華欄の窓-第105・106合併号(2009年2月28日発行)
がやっとできました!

本来ならば,夏にはみなさまにお届けする予定でしたが,あっという間に季節は
移り変わり,気付けばもう春。
思い起こせば去年はとても忙しかったな・・・。

昨秋に下村脩先生がノーベル化学賞を受賞されたことも重なって,今号は下村先生の
特集号となっています。
下村先生の著書や論文を読むために,館内の特設コーナーやオンラインツールを紹介しています。
機関リポジトリ「NAOSITE」や,新聞記事検索DB「ヨミダス文書館」を是非お試しください。
また,選書ツアーで選ばれた本のリストやこのブログの紹介記事なども載せていますよ。

第105・106合併号は,各図書館に置いていますので,ご自由にお持ち帰りください。
Webからは過去分を含め,PDFでご覧いただくことができます。
アクセスはこちらから。


図書館横の桜がほころび始めました。
桜の季節は,なんだか心がウキウキしますね。
sakura

Y.T.

朝日新聞歴史写真アーカイブ,聞蔵Ⅱビジュアルに追加収録

朝日新聞歴史写真アーカイブが,期間限定で図書館のホームページから
利用できるのでご紹介します。

今年1月に創刊130周年を迎えた朝日新聞社は,環境・歴史・文化遺産を
キーワードにした多彩な記念事業を展開しています。
その一環として,満州事変前後から敗戦までの間を中心にアジア各地で撮影された
7万枚の写真の中から,厳選した1万枚をデジタル化したデータベースを
朝日新聞歴史写真アーカイブとして公開しました。

戦争に関する写真のほか,その時代の建物の様子や街の風景,市民生活の様子も
数多く記録され,専門家の間では非常に希少価値が高いとの評価を受けています。
キーワード,撮影地,書誌情報,年表などから検索することができ,拡大画像も確認できます。

この朝日新聞歴史写真アーカイブは,図書館で購入している朝日新聞記事検索データーベース
聞蔵Ⅱビジュアルで,2010年3月末まで利用できますので,是非お試しください。

アクセス方法は,図書館HP> 資料をさがす> データベース >聞蔵Ⅱビジュアル
ログインした後に「歴史写真」タブをクリックしてご覧ください。

top kikuzo-logo

聞蔵Ⅱビジュアルは,長崎大学のキャンパス内でのみ利用でき,同時にアクセスできるパソコンは
2台までとなっていますので,利用後はログアウトをお忘れなく。
聞蔵Ⅱビジュアルでの新聞記事検索方法については,あらためてお知らせします。

michan
Y.T. 

卒業生の皆さんは図書の返却を忘れずに!!

3月25日(水)はいよいよ卒業式です。
今年の長崎市の桜の開花予想は3月19日(木)なので、
卒業式の日は、ちょうど満開の桜が見られそうですね。

さて、今春卒業・終了予定の皆さんにお願いです。
現在借りている図書がある人は、卒業式までに必ず返却してください。
図書を失くしてしまったという方は、図書館までご連絡ください。

自分が借りている図書は、パソコンまたは携帯電話で確認することができます。

パソコンからの場合
Webサービス→ログイン→貸出・予約状況確認
pc.jpg

携帯からの場合
 利用状況確認→ログイン→表示対象選択「貸出状況」
keitai.jpg

詳しくはこちらのページをご覧ください。
借りている図書がある場合は、忘れないように、なるべく早めに返却しましょう。

AYA

古写真、東京に行く

今週末、3月7日土曜日から2週間、東京の科学博物館で、長崎大学をとりあげた企画展が行われます。
日本で唯一の熱帯医学の公的研究機関、熱帯医学研究所をフィーチャーした展示会です。

 熱帯感染症と「たたかう」長崎大学
 (上野の山シリーズ)アフリカの自然・開発・そこに住む人々 -地球の家族を救う国際協力-
 2009.3.7(土) ~ 15(日)
 国立科学博物館(東京・上野公園)日本館1階企画展示室
  展示の見どころ
 長大展ビラ表 長大展ビラ裏
 (企画展のチラシを図書館カウンターにご用意しています)

熱帯感染症、そしてその感染症と戦う長崎大学の活動を紹介した企画展ですが、あわせてノーベル賞の下村先生とその研究、そして、長崎と長崎大学の紹介として、原爆の医学的調査資料や、文明開化前後の長崎の写真が展示されます。

この「文明開化前後の長崎」紹介が、図書館の幕末・明治期日本古写真、出張展示です。
長崎大学が誇る熱帯医学研究、下村先生、あるいは長崎とは切り離せない原爆と並んで、古写真も少しだけ登場させてもらいました。
「オランダ人医師の見た幕末の長崎」として、古写真アルバム「ボードインコレクション」より選んだ写真数点を、大きくパネル展示しています。

期間中、東京に行かれる方は、ついでにこの企画展へも足をお運びください。
そうそう、科学博物館がある上野公園は、「ボードインコレクション」のボードイン先生が自然保存を提言して生まれたんですよ。

企画展の長大の熱研・特設サイトはこちらです。
http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/kahaku2009/
右下のケニア写真集が本のようにパラパラめくることができ、とてもおもしろいです。

展示パネル
科学博物館展示古写真パネル
1.2メートル×2.4メートルパネルだそうです。

M*

選書ツアーで購入した本を展示しました(2009冬)

2月27日(金)の朝、選書ツアーで購入した本を中央図書館2階展示コーナーに並べました。

選書ツアーの本を並べている棚の上半分には
参加者おススメ本をPOP付きで展示しています。

参加者の方が書いてくれたPOPです


棚の下の方にも面白そうな本が並んでいますのでぜひチェックしてみてください。

今回購入した本のリストを展示棚の横に掲示しています。
見たい本が棚にない場合は予約サービスを利用してみてください。

皆さんのご利用お待ちしています。

ここに展示しています


(ゴトウ)
旧中央図書館写真集♪
改修前の中央図書館の思い出を詰め込んだ中央図書館写真集です♪
syashinsyu.jpg
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
このブログについて

長大としょかん

長大としょかん
ながさきだいがくふぞくとしょかんのブログです。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。