スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リポジトリで電子出版!ガラパゴスフィールドノート

たびたび登場していますが、長崎大学の先生方の研究成果を電子的に
公開している、機関リポジトリ NAOSITEで、伊藤秀三先生のガラパゴス
フィールドノートを「電子出版」しましたのでご紹介します。

雑誌などに掲載された論文の「電子化」ではありません。「電子出版」です。
ほかのどこにも公開されていないデータの初公開になります。

公開したのは、ガラパゴス研究の第一人者である、環境科学部名誉教授
伊藤秀三先生の、ガラパゴス調査フィールドノート
です。
1970年と1978年の植生調査において記録したフィールドノート(野帳記録)の中から、
論文として公表していない部分について、英語でまとめたものになります。

Itow, S. 2009. Field notes of Galapagos vegetation studies in 1970 and 1978.
NAOSITE . (URI: http://hdl.handle.net/10069/21987)


ガラパゴスフィールドノート

先生が作成されたワードやエクセルのファイルを、図書館でレイアウト等を
できるだけ整えてPDF化し、章ごとにまとめました。そのままPDF化すると、
余白やフォントによって妙に統一感がなく見えることがあり、途中、何度も
先生とメールでやり取りしながら確認しては調整が必要でした。
最終的に各ページの内容にあわせてヘッダを挿入し、通しページ数をフッタ
に挿入し、目次を作成して完成しました!
昨年10月に先生と打ち合わせをし、今年の1月にファイルを受け取ってから、
実に半年近くもかかってしまいましたが、ようやっと出版にこぎつけ公開する
ことができてほっとしています。

ガラパゴス諸島はその特異な環境の保全に努めていますが、当然ながら
植生は変化を続けています。当時の状況を知りうる、伊藤先生しか持って
いない貴重なデータを、NAOSITEにおいて公開できたことをとてもうれしく
思います。伊藤先生に改めてお礼を申し上げます。

フィールドノート内のデータは、伊藤先生がPreface(まえがき)
書かれているように、出典を明記して自由にご利用ください。
リポジトリで電子出版したものが、他の研究者の方のお役に立てれば、
こんなにうれしいことはありません。



おまけ
フィールドノートは研究者の方向けですが、画像データベースには、先生の
専門の植物だけでなく、動物・景観などさまざまな写真を眺められます。
こちらもご利用ください!
 ガラパゴス諸島画像データベース
 http://gallery.lb.nagasaki-u.ac.jp/galapagos/

M*
スポンサーサイト

データベース「日経テレコン21」の利用講習会を開催しました

経済学部分館では、2009年2月に「日経テレコン21」を導入しました。
そこで導入後初めての講習会を、日経メディアマーケティングより講師をお招きし、
6月17日(水)に開催しました。
日経テレコン講習会会場

まず、データベースの概要説明があり、
各自パソコンを操作しながらの実習形式で、講習会はすすみました。
検索のコツやシソーラス展開についても詳しく説明があり、
”なるほど~”と参考になることがたくさんありました。

ひととおり説明が終わった後は、各自興味のある事について検索したり、
講師に質問したりと、皆さん有意義な時間がすごせたようです。

手元にパソコンがあると、講師の説明中にもかかわらず、
おっ!と目を引かれた記事に読みはまって、
気がつけば取り残されて遠い目をしている受講生もいたり、、、。
ドキッとしたひと、いませんか? 
大丈夫です。これは私のことです。

たいていのデータベースは、自分で適当に操作すれば、
何となく検索はできたり情報にも辿り着けたりします。
しかし、プロの講習を受けた方が、効率的にもれなく情報を収集できる、
と今回の講習を受けて改めて感じました。

残念ながら講習会に参加できなかった皆さま、
資料をご用意しておりますので、経済学部分館へお越しください。
また、質問がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「日経テレコン21」は、
日経新聞などの記事を検索したり、
国内外の主要な企業データベースをまとめて検索したり
日経速報ニュースをご覧いただけるなど、
研究や学習に役立つ情報が幅広く収集できます。

片淵キャンパス限定  同時アクセス数3
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



GPってご存知ですか?

略語が多いご時世ですが,
大学教育改革のGPといえば「Good Practice」の略で「優れた取組」という意味です。

文部科学省の政策の一環で,各大学等における教育改革の取組の中から,
個性・特色のある優れた取組を選び,それをサポートし,広く情報発信を行っています。
詳細は,文科省HPをご覧ください。

長崎大学でも,様々なGPへの取組が行なわれており,
採択された各プログラムは,大学HPの「特色ある教育・研究」で紹介されています。

皆さんもよく知っている「やってみゅーでスク」,これもGPプログラムだったんですね。

また,他大学等のGPへの取組に関しては,その機関が発行する報告書で
ご覧いただくことができます。

GP資料


その報告書ですが,これまで全て事務局に保管されていましたが,
皆さんに広く利用していただけるよう,今年度より中央図書館に置くことになりました。

2階入館口から真っ直ぐ進み,企画コーナー(学生選書ツアーの本を並べている場所)
の隣にありますので,是非ご利用ください。

GP地図


Y.T.

日経新聞読み方セミナーに参加してきました

6月17日(水)に学生支援センターが実施した「就職に役立つ新聞記事の読み方セミナー」に私も参加してきました。

セミナーでは、日本経済新聞のプロモーション担当の講師が、
面接や時事問題対策の情報収集ツールとしての新聞の読み方を紹介しました。
そのほか、就職活動にあたり「夏休み前にやってほしいこと」として具体的なアドバイスもありました。
講師が関わった学生の就職活動にまつわるエピソードなども話の中に出てきて、
就職セミナーとしても面白かったです。

講師いわく、行う時期によってセミナーの内容が変化するそうで、
秋ごろになると企業研究などの比重が重くなるそうです。

この話を聞いて秋にでも図書館主催でセミナーを開催できたらいいなと思いました。
もし、開催することが決まったら改めて広報します。
その時は皆さんの参加をお願いします。

今回のセミナーで配られた資料を30部ほどもらってきました。
配布資料は
・日本経済新聞(6月17日)
・就職に失敗しないための情報収集術2009-2010
・日経就職手帖 就職活動基礎知識編

もらった冊子です(3種類)


の3種類でそのうち日本経済新聞を除く2点を中央館2階メディアサロン内で配布しています。
興味がある方は自由にお持ちください。

ゴトウ

図書館の冷房と省エネ

梅雨に入りじめじめした日が続きます。
気温はまだ高くないですが、蒸し暑く感じることがあります。

この時期、利用者の方から「冷房を入れて欲しい」という要望がよくあります。
図書館では、室温28度以上を目安として冷房を入れています。

図書館は、温度の上がりやすい場所があります。
中央館3階閲覧席の奥は特に暑いようですし、パソコンのある部屋は、放熱で暑く
なりやすいです。

館内には扇風機を何台か置いています。2階閲覧席や窓際の風が入る席は
比較的涼しいので、暑いと感じたらこちらをご利用ください。

席の選び方や服装の工夫で省エネに協力してください。

クール・ビス

ゴトウ

SCOPUS利用講習会を開催します

梅雨入りしましたね。

去年の秋に開催し,大盛況だったSCOPUS講習会,
《これから論文を書く人のために~抄録・引用データベースScopusの活用方法~》
今年は開催時期を少し早めて,次の日程で行います。

◆坂本地区
日時 6月25日(木)17:00~18:00
場所 医学分館グループ学習室
定員 約20名

◆文教地区
日時 6月26日(金)13:00~14:00
場所 工学部5番講義室
定員 約100名

scopus_pos.jpg

当日は,講師として,担当インストラクターをお迎えします。
この機会に,ゼミの仲間やお友達とお誘い合わせのうえ,是非ご参加ください。
教職員のみなさまのご参加も大歓迎です。

Scopus(すこーぱす)を知らない方のために簡単にご紹介を。
Scopusとは,引用情報を含めた文献を検索できる世界最大級の学術情報
ナビゲーションシステムです。
簡単かつ迅速に必要な文献を手に入れ,重要性を判断し,見落としのないように
効果的な情報管理が可能です。

図書館ホームページ  アクセスは,図書館HPから
どうぞ!(学内限定)
スコーパスロゴ


詳細を詳しく知りたい方のために,各図書館のカウンター付近に資料を置いていますので,
ご自由にお持ち帰りください。
また,エルゼビア・ジャパンのHPにオンライン講習(録音版)もありますので,
よかったらご覧ください。

Y.T.

教セミ「資料収集ガイダンス」終了後のつぶやき

例年4月から5月にかけ,教養セミナーの一環として,図書館職員が行う
「資料収集ガイダンス」,今年も中央図書館と経済学部分館で行い,
約9割の新入生に参加していただきました。

中央図書館では,図書館内の資料配置や設備を説明していく館内ツアーと,
パソコンを使った実習形式での情報検索の2部構成で行いましたが,
長時間にもかかわらず,皆さん真剣に受講されていました。

ツアー メディア 208

今年は初めての試みとして,中央図書館内のメディアルームを使用した講義もありました。
普段は,館内ツアー終了後に全学教育棟まで移動するので,
移動時間が省けてとても良かったのですが,
ちょっと前の画面が見にくかったかも・・・,講義時間が長すぎたかも・・・,
と反省することも沢山ありました。

今年の反省点を来年度へと活かし,限られた時間と限られた空間の中で,
出来る限りのことを皆さんにお伝えしていかなければと強く感じています。

もし,今回このガイダンスを受講できなかった方がいらっしゃいましたら,
ご希望により個別ガイダンスも受け付けています。
中央図書館2階の参考調査カウンターでお申し込みください。

使用したテキストは,こちら(PDF)からご覧いただけます。


また,このガイダンス期間中は,ご来館中の多くの方々にもご迷惑をお掛けしました。
せっかく図書館に来たのに,パソコンが使えなかった!
館内ツアーがうるさくて,勉強に集中できなかった!
という皆さん,本当にすみませんでした。

教セミを受講している新入生の姿を見て,自分が大学に入学した
ばかりの頃の初々しい気持ちを思い起こしていただけたのでは
ないでしょうか?(そんなこと思わないか~?!)

皆さんには,今後の大学生活の中で,勉強や憩いの場として,
もっともっと図書館を活用していただければと願っています。
このブログ共々よろしくお願いします♪

Y.T.

第7回テーマ展示「100歳おめでとう-生誕百年記念-」

皆さん、ご存じでしたか?
「松本清張」と「太宰治」が同級生だったという事を。

活躍した時期が異なるので、別の時代の作家と思い込んでいましたが、
どちらも1909年(明治42年)生まれなんです。

そこで、今回の館内展示は1909年に生まれ、ご存命ならば今年『100歳』となっていた著名人にまつわる作品を集めてみました。

展示風景

企画段階では、文学作品が多くなるかな?と思っておりましたが、
写真集やノンフィクションなども入って多彩な展示内容になっています。

下の写真は、展示作業中の様子です。
朝早くから来館されている学生さんの迷惑にならないように、
できるだけ静かな作業を心がけています。

展示作業の様子

今回の展示コーナーは、いつになく渋く(笑)仕上がりました!
没後も人々を魅了する彼らの作品をお楽しみください。

  展示場所:中央図書館2階 渡り廊下入り口横
  展示期間:2009年6月1日(月)~


※ご参考までに、両氏の生誕100年記念サイトをご紹介します。

【松本清張 生誕百年】
  http://seicho-100.com/
【太宰治 生誕100年】
  http://www.goshogawara.net.pref.aomori.jp/dazai/

S.U.
旧中央図書館写真集♪
改修前の中央図書館の思い出を詰め込んだ中央図書館写真集です♪
syashinsyu.jpg
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
このブログについて

長大としょかん

長大としょかん
ながさきだいがくふぞくとしょかんのブログです。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。