スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い国からはるばると(経済分館)

2月18日の西日本新聞1面に、「出島 世界遺産候補に」という記事が載っていました。
その記事によると、スウェーデン政府が「体系的な生物学の起源」をテーマに、
江戸時代、出島に滞在した同国の植物学者カール・ツンベルク(別表記:ツュンベリー・ツェンベリー)や、
「分類学の父」といわれたカール・リンネらのゆかりの地を構成遺産として、8カ国13ヵ所を世界遺産暫定リストとして申請した、ということでした。

出島の世界遺産申請が、日本ではなく、スウェーデンから行われたということが意外で、驚きました。
恥ずかしながら、ツンベルクという人物を知りませんでしたので、データベース「JapanKnowledge+」(図書館HP右側にリンクがあります)で調べてみました。
以下に、概略を記します。

ツンベルク(Carl Peter Thunberg)、 スウェーデンの博物学者・医師
1771年12月にオランダを出発したのち、南アフリカ、インドネシアを通り、1775年8月14日、長崎に到着。
長崎出島で外科医として1年余り滞在し、1776年12月3日に長崎を離れた。滞在中は植物の採集に努め、商館長の江戸参府に随行。
(※この江戸参府で通った箱根も、今回、世界遺産暫定リストとして申請されています。)
帰国後は、『日本植物誌』『日本動物誌』『喜望峰植物誌』などの博物誌、 『ヨーロッパ・アジア・アフリカ紀行』の旅行記を出版。
出島三学者の一人。(※他二人はケンペルとシーボルトです)

もっと詳しく知りたい方は、「JapanKnowledge+」などで調べてみてください。

長崎大学薬学部医学分館では、HP上でツンベルクのことを紹介しています。

経済分館では、ツンベルクが書いた「Resa uti Europa, Africa, Asia:スウェーデン語版」や、
「長崎出島之図」を所蔵しています。

ツンベルクとケンペル著書
長崎出島之図

まだ、暫定リスト入りですが、 本登録され、世界遺産になることを期待します。

ゴトウ
スポンサーサイト

古写真関連ニュース、一挙ご紹介

NHKの大河ドラマ『龍馬伝』、皆さんはご覧になっていますか?

実は、龍馬が活躍した幕末は、日本に写真技術が導入された時期でもあります。
皆さんがよく目にする龍馬の写真は、長崎の上野彦馬の写場(スタジオ)で
撮影されたものです。
ご存知でしたか?
 
図書館では、上野彦馬等によって幕末から明治中期までに写された
「古写真(こしゃしん)」を6000枚以上も所蔵しています。

 長崎大学電子化コレクション
  (http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/search/ecolle/


それを研究・運用するための「古写真資料室」という組織もあるんですよ。 


そして!
この1月から、ドラマの放送開始に合わせて、長崎新聞で古写真関係記事の
連載が始まっています。
図書館の柴多館長を始め、古写真資料室の先生方が執筆を担当します。
「もう読んだよ~」という方がいらっしゃったら嬉しいです。

『長崎遠めがね -古写真に見る町と人-』
掲載紙:長崎新聞
連載期間:平成22年1月24日~平成22年12月26日(全49回)
掲載日:毎週日曜日 
(※文化面をご覧ください)

 ※「龍じゃ~なが」長崎新聞Web ページ
  (http://www.nagasaki-np.co.jp/)にも掲載されます


また、朝日新聞長崎県内版では、「長崎今昔 長大写真コレクション」というタイトルで、
環境科学部 姫野先生の古写真に関する記事が、2007年6月より連載中です。

『長崎今昔 -長大写真コレクション-』
掲載紙:朝日新聞長崎県内版
連載期間:平成15年6月~ (現在も連載中)
掲載日:毎週木曜日


 ※朝日新聞Web ページ
  「asahi.com:マイタウン長崎」http://mytown.asahi.com/nagasaki/)の
  『長崎今昔』にて、一部ご覧いただくことができます

連載当初より、いつか書籍として出版されないかな~と個人的に
思っていたのですが、念願かなって(?)これまでの連載を1冊に
まとめたものが昨年12月に出版されました!

その名も、『龍馬が見た長崎:古写真が語る幕末開港』!!
朝日新書で、持ち運びしやすい形状なのが嬉しいです。
図書館でも所蔵していますので、興味のある方は是非ご覧ください。

 『龍馬が見た長崎:古写真が語る幕末開港』  姫野順一著
 (※クリックすると、図書館のどこに配架されているのかをご確認いただけます)

新着DVD紹介(医学分館)

定期試験ももうすぐ終わりですね。学生の皆さま、お疲れ様でした。
試験期間中は、なかなか席を確保できないなど、何かとご不便をおかけしてごめんなさい。

さて、医学分館では、新しく疾病を主題にした映画のDVDを購入しましたので、ご紹介します。

医学分館新着DVD

・自閉症
レインマン / バリー・レビンソン監督

・若年性アルツハイマー病
明日の記憶 / 堤幸彦監督 ; 萩原浩原作 ; 砂本量, 三浦有為子脚本
私の頭の中の消しゴム / イ・ジェハン監督・脚本 ; チャ・スンジェ製作

・副腎白質ジストロフィー
ロレンツォのオイル : 命の詩 / ジョージ・ミラー製作・監督・脚本

・パニック障害
阿弥陀堂だより / 小泉堯史監督・脚本 ; 南木佳士原作

・記憶障害
博士の愛した数式 / 小泉堯史監督・脚本 ; 小川洋子原作

・アルツハイマー型痴呆症
ユキエ / 松井久子製作・監督・編集 ; 吉目木晴彦原作 ; 新藤兼人脚本
折り梅 / 松井久子製作・監督

医学分館では、このほかにも医学の学習に役立つDVDやビデオを多数取り揃えております。
新しく購入した図書やDVDは、医学分館1階の階段手前に置いていますので、ぜひチェックしてみてください。

MAT

サインポスト(案内柱)を設置しました(経済分館)

先日のブログ記事では、中央図書館のテーマ展示「オトナの長崎県民へ」を紹介しました。
今回の展示は、今月21日に行われる長崎県知事選挙に合わせて企画したものです。

県知事選挙について、長崎大学の学生を対象として、県内のNPO団体が行ったアンケート
調査によると、約46%が知らなかったということです。
この展示が、選挙の広報に役立つよう期待します。

さて、経済分館では先月より入口にサインポストを設置しました。

入口前のサインポスト

それまでは、天井から案内板を吊り下げていましたが、高い位置にあり、目に止まりにくいものでした。
そこで、館内資料や各部屋の位置を分かりやすくするために、入口にサインポストを設置しました。
サインは矢印の形で、階数つきの案内をしています。
軽くて通行の邪魔にもならず、使い勝手の良いものです。

皆さま、経済分館にお越しの際は、このサインポストをご覧下さい。

ゴトウ

第11回テーマ展示「オトナの長崎県民へ」

本日から「オトナの長崎県民へ」をテーマに展示を始めています。

展示期間:2010年2月5日(金)より
展示場所:中央図書館展示コーナー
        (2F 新館渡り廊下入り口横)


第11回展示風景-1_convert_20100205163414 第11回ポスタ-_convert_20100205163952

2月4日告示されました、長崎県知事選挙同月21日に行われます。
過去最多7名出馬というニュースを、耳にされた方も多いでしょう。

また、昨年から裁判員制度も始まりました。
自分の意見を公の場に示す機会が、ひとつ増えたことになります。

そこで図書館では、この県知事選に時期を合わせて、
大人として社会参加するとはどういうことかを考える、きっかけとなるような展示を企画しました。
ことばやマナー・文化論など、教養を深められる本もあわせて展示しています。

そもそも「大人」とはどういう人のことをいうのか?
これを機に、自分の理想の大人像について考えてみるのもいいかもしれません。

ハタチ過ぎたらといわず、大学生はもう立派な大人です。
「オトナの長崎県民」となるために、できることから始めてみませんか?

H
旧中央図書館写真集♪
改修前の中央図書館の思い出を詰め込んだ中央図書館写真集です♪
syashinsyu.jpg
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
このブログについて

長大としょかん

長大としょかん
ながさきだいがくふぞくとしょかんのブログです。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。