スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学長と図書館職員の集い

去る3月24日、閉館後の中央図書館 会議室にて、
図書館職員が学長と直接お話できる機会を持つことができました!

これは、2月に学内で行なわれた「第2回 学長と若手職員の意見交換会」に、
ある図書館職員1名(私です)が参加したのですが、その際に、
図書館の他の職員ともお話いただきたいとお願いしたところ、了承いただき、
開催の運びとなったのです!

分刻みのスケジュールでお忙しい中、辛うじて空いていた
お時間を使って、図書館まで来てくださいました。

当日参加できたのは、館長と図書館職員11名だったのですが、
図書館職員の専門性から、リポジトリ利用者サービス
出版流通まで、図書館に関する様々な話題について
意見交換することができました。

滅多にない機会なので緊張しましたが、楽しい話題も多く、
最後の方ではリラックスしてお話しすることができました。
(学長は、船医として実習船にも乗っていらっしゃったそうですよ~。)

次は、開館時間中にも来ていただいて、皆さんが図書館を利用している様子も
見ていただきたいですね。
図書館を利用していたら、ぶらりと学長がいらっしゃるかもしれませんよ。

学長業績集

※片峰学長の業績集をいただきました。中央図書館に配架しております。
「片峰茂教授退官記念業績集」

S.U.
スポンサーサイト

第12回テーマ展示「新生活サポートブック」

3/25(木)、長崎大学の卒業式 が行われました
スーツや袴に身を包んだ卒業生が、桜の木の下で記念撮影をしている姿を見て、
数年前(?)の自分を思い出し、ちょっとジーン とした私です。
卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます♪
これからも、長大附属図書館をよろしくお願いします!

さて、卒業生を見送ったかと思うと、今度はすぐに入学式 がやってきます。
 (※今年は例年より少し早く、4月2日に行われる予定です。)
そこで中央図書館では、新入生を始めとして
春から新生活をスタートする皆さんに是非読んで欲しい!
という本を集めて、先週の金曜日から展示を行っています。

展示期間:2010年3月26日(金)より
展示場所:中央図書館展示コーナー(2階 新館渡り廊下入口横)

tenji12.jpg renge.gif

大学生活を始めるにあたって読んで欲しい本
ひとり暮らしを始める方に役立つ家事の本
長崎で暮らし始める方に、長崎を知ってもらうためのガイド本


といった新入生や新生活をスタートする方向けの本だけではなく、

大学生の勉強法や学び方に関する本
生活改善のヒントが書かれた本  
     

など在学生にも読んで欲しい本を多数取り揃えていますので、
是非、展示コーナーへお立ち寄りください。

展示場所は、中央図書館の2階、新館への渡り廊下入り口横です。
図書館に入館すると、ちょうど真正面にあります♪

AYA

光文社古典新訳文庫入りました(中央図書館)

突然ですがみなさん、古典に親しんでいますか?
「難しい・暗い・古い」というイメージ、その他様々な壁を古典作品に感じてしまう・・・。
そんなあなたにぜひ手に取っていただきたい!
中央図書館に光文社古典新訳文庫が、既刊のタイトル全て入りました。
3階開架・文庫コーナーに、まとめて配架予定です。

kobun-2.jpg
   準備中
(この5倍分ほどの冊数です)


読みやすい翻訳での、海外古典作品の提供を目指しているこのシリーズ。
同シリーズのうち『カラマーゾフの兄弟』が、古典文学としては
異例の売上げを記録したことでも話題になりました。 

今年は国民読書年でもありますし、この機会に手に取りやすい新訳で、
ディープな古典の世界にハマってみませんか?

dokushonen_logo_10_black_convert_20100326172843.jpg

H

選書ツアー図書入りました【中央図書館】

現在中央図書館企画コーナーには、2月末に行われた選書ツアー(@メトロ書店さん) の図書が並んでいます。
話題の小説からビジネス書就職・資格試験対策本など、参加した学生さんが熱心に選んでくれました。

201003sensho-tour1.jpg 201003sensho-tour2.jpg

  図書の一部
やる気のスイッチ! / 山崎拓巳著
公務員試験合格は「要領」で決まる! : 国家II種・地方上級対応 / 公務員試験対策室著
理系のための研究生活ガイド : テーマの選び方から留学の手続きまで / 坪田一男著
ストレッチ・メソッド : 5つのコツでもっと伸びる体が変わる / 谷本道哉, 石井直方著
江 : 姫たちの戦国 上・下 / 田淵久美子著 (← 来年の大河ドラマだそうです)
       などなど

今回初めて、リスト参加という方法を併せて行いました。
ツアー当日都合が悪く参加できない方に、事前に希望図書のリストを提出していただき、
図書館職員が代わりに書店でそのリストの本を探してくる、というものです。

今後もこのように一人でも多くの学生さんに、図書館を身近に
利用していただけるような取り組みを考えていきたいと思います。

同じ学生の目線で選ばれた、最新の図書をぜひご利用ください!


H

素晴らしき書の世界♪

もうご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、
現在、中央図書館新館のライブラリーラウンジ前
素晴らしい書道の作品がずらり並んでいます。

これらは、教育学部の書道授業選択者の方々による作品で、
昨日から「長崎大学教育学部 書道授業選択者 書作展 -逢-」として
中央図書館にて、展示披露されています。

----------------------------------------------
    長崎大学教育学部 書道授業選択者 書作展
               -逢-

  会  期:平成22年3月16日(火)~3月19日(金)
  時  間:10時~16時(作品は開館中ご覧いただけます)
  会  場:中央図書館新館2階 ライブラリーラウンジ前
  出品者:長崎大学教育学部書道授業選択者
----------------------------------------------

展示されている作品は計16点で、
どの作品も、製作者の熱い想いが込められた力作揃いばかりです。
書体・配置・表装の色使い・墨の量・余白の使い方など
表現の仕方もいろいろな工夫が施されています。
パネルや額の作品は、作者自身の手で表装したそうです。

素晴らしい書の数々を見ていると、
書道の奥深さ漢字の美しさ をあらためて感じることができますよ。

書作展は明後日19日までとなっていますので、是非、お早めにご来場ください!!

syo1.jpg syo2.jpg syo3.jpg syo4.jpg

AYA

ライティングワークショップを開催しました

今回はちょっと真面目な雰囲気で、大教センターと図書館で企画した
ワークショップについて、ご報告します。

先週の金曜日に、大学教育機能開発センターと附属図書館の共催で、
長崎大学全学教育FD・SD(※)ワークショップ
「ライティングの指導と支援をどう強化するか」を開催し、
長崎大学の教職員をはじめ、九州各地の大学図書館から32名の方に、
ご参加いただきました。

このワークショップは、学生の「書く力(ライティング)」育成のために、
教員と図書館職員がどのような指導・支援を行っていけばよいのか、
また大学としてどのような体制づくりが必要なのか、といったことを
参加者間で議論し、今後の取り組みを具体化することを目的として行われました。

プログラムはセッション1とセッション2から成り、
それぞれのセッションの冒頭では、ライティング指導・支援の大先輩である
お二人の先生の素晴らしい講演がありました。

セッション1
 「学術コンテンツの効果的な利用指導 -図書館におけるライティング学習支援-」
  国立情報学研究所学術基盤推進部学術コンテンツ課長 米澤誠氏


 writting01

セッション2
 「ライティング指導の授業づくり・体制づくり -金沢工業大学における日本語表現教育-」
  金沢工業大学教授・ライティングセンター長 藤本元啓氏


 writting02

ワークショップ終了後には、参加者の方から
「先生方のご講演からは、学生を『教育する』ことへの熱意が感じられました」
「多くの職員に聴講して欲しい内容でした」
といった感想が上がっていました。

私も先生方の学生に対する深い愛情に感動すると共に、
自分自身は大学の一員として何が出来るか、何をすべきか、といったことを深く考えさせられました。

講演後は、グループごとに課題をまとめて発表を行いました。
今回のように、教員と職員が同じ問題を協議し、連携して課題整理に取り組んでいく機会を
もっとたくさん設けていくことが、とても重要だと思います。
今後もどんどんこのような取り組みや活動を広げていくつもりです。

そして、学生の皆さん
図書館では、早速ライティング指導の企画に取り組み始めています。
今回のワークショップを通して得られた意見や成果を十分に活かしながら
よりよいものを作り上げ、学生の皆さんを支援していきたいと思いますので、
共にがんばりましょうね!!!


※FDとは、ファカルティ・ディベロップメント(Faculty Development)の略
  SDとは、スタッフ・ディベロップメント(Staff Development)の略です。

AYA

中央図書館のABCが新しくなりました

ABCってなんでしょう?
ほら、あれだ、トヨタがプリウスのリコールをした・・・
惜しい!それはABSです。

ABCは、Automatic Book Circulation Systemの略なのです。
日本語で言うと「図書自動貸出装置」と長くなるので、図書館職員はABCと呼んでいます。「自動貸出機」と言うこともあります。

中央図書館、医学分館、経済分館3館すべてに設置してありますのでご利用になられた方も多いと思います。
図書を借りるときは、利用者カード(学生証)を読ませて、図書のバーコードを読ませれば貸出完了。終了ボタンを押すと出てくるレシートに返却期限が書いてあります。
カウンターに行かずに本を借りることができる、便利な装置です。

このたび、中央図書館のABCが新しくなりました。
ABC
見た目がかなり変わって、透明感のある白い機体になりました。
大きな液晶画面も目を引きます。なんとタッチパネル式で、操作は画面をタッチして行います。

使い方の変更点は、利用者カード(学生証)を置く位置です。
これまでは図書と同じ位置でカードを読み込ませていましたが、新しいABCでは機体の右上にカード専用の読み取り口ができました。
ABCカード読み取り口
カードをあまり奥まで差し込むと、センサーの位置と合わずうまく読めないことがあります。読み取り口にカードの「みほん」が貼ってありますので、その上に置く感じにしていただくとスムーズに読みこまれると思います。

また、教職員の方のカードはラミネートの大きさが読み取り口と合わないことがありますので、そのときはカウンターにお問い合わせください。

読み取り性能も格段にアップし、使いやすくなったABCをぜひご利用ください。

NY

リポジトリ17000件達成です!

長崎大学のリポジトリ:NAOSITEに登録された
コンテンツの件数が17000件を突破しました!


repository_17000
※NAOSITEとは、長崎大学所属の方々の研究成果を集めているデータベースです。
 詳しくはこちらから。



前回、16000件達成のご報告をしたのが去年の5月でした。
私が図書館に来たのが去年の9月なのですが、
そこから数えても800件ほどの登録をしてきたことになります。
毎日の積み重ねがこうして数字になって現れると
さすがに感慨深いものがありますね。

記念すべき17000件目の論文は、
医歯薬学総合研究科の 澤瀬 隆 先生の論文です。
澤瀬先生には、17,000件によせてのコメントも頂いています。

また、今回の1000件の内訳は

・ 長崎大学の紀要論文 158件
・ 外国の学術雑誌論文 252件
・ 国内の学術雑誌論文 448件
・ 学会などの発表論文 89件
・ 学位論文本文 18件
・ その他(教材や報告書など) 35件
   という内容です。


前回と比較して、まず目に付くのは
「外国雑誌」の割合が大きく増えたことかと思います。

思えば私が図書館に来てからというもの
先生方に提供いただいた論文の著作権調査で、毎日
苦手な英語で書かれた出版社のホームページばかり見ていた気がします…

また、論文と比べると少数ですが、
「発表資料」や、「その他」の割合も増えていました。

ここでの「発表資料」とは、先生方が学会などで発表された際の資料です。
先日長崎大学で行われた、ナノダイナミクス国際シンポジウム2010の資料などを登録しました。

論文以外の、「その他」の中で面白かったのは、
教育学部の長島雅裕先生からご寄贈いただいた教材です。
「情報社会と科学」という講義のスライドなのですが、
血液型性格判断やマイナスイオンといった
いわゆる『ニセ科学』を題材にされた、非常にユニークな資料でした。

こうしたリポジトリならでは・長崎大学ならではの資料
もっと増やしていければと考えています。

次回の18000件はどういった資料が増えているのか、
先生方のご協力をいただきながら、少しづつ積み重ねていきたいと思います。

これからも長崎大学のリポジトリ:NAOSITE
どうぞよろしくお願いいたします。


                                  S・S
旧中央図書館写真集♪
改修前の中央図書館の思い出を詰め込んだ中央図書館写真集です♪
syashinsyu.jpg
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
このブログについて

長大としょかん

長大としょかん
ながさきだいがくふぞくとしょかんのブログです。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。