スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の職員はこんな勉強会もやっています!

今日は、図書館の職員はこんなこともしています!ということをご紹介します。
先週、「九州地区医学図書館職員セミナー」なるものが
医学部内のポンペ会館で開催されました。

これは、九州内の医学系の大学図書館職員が集まって行う、勉強会のようなものです。
毎年それぞれの大学が持ち回りで企画を担当しているんですが、
今年は長崎大学が当番でした。
   
セミナーは、活水女子大学教授(長崎大学名誉教授)の
相川忠臣先生の講演からスタートしました。
  
「医学は長崎から」

ご存知のとおり、日本の近代西洋医学は長崎から始まったわけですが、
その西洋医学が、どのようにして長崎に伝わったのかを知ってもらいたい!
ということで、近代医学の歴史にお詳しい相川先生に
「出島の外科医と近代医学の誕生」という題でお話をしてもらいました。
   
あの有名なシーボルトの話から長崎大学医学部を創ったポンペの話まで、
盛りだくさんな内容に、みなさん熱心に聞き入っていました。

aikawa.jpg

そのあとは、各大学が行っている図書館利用ガイダンスや
文献検索の授業について報告したり、討論したりしました。
   
最後は参加者のみなさんを貴重図書室にご案内~♪
このお宝紹介がいつも一番人気です。

kityou.jpg

※みなさんが釘付けになっているのは、医学分館一番のお宝「日本最古の解剖紙製模型」です。

AYA

コメントの投稿

非公開コメント

旧中央図書館写真集♪
改修前の中央図書館の思い出を詰め込んだ中央図書館写真集です♪
syashinsyu.jpg
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
このブログについて

長大としょかん

長大としょかん
ながさきだいがくふぞくとしょかんのブログです。

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。